『計算1問×0.1』の法則


『計算1問×0.1』の法則α Sweet Digital 画像 013.jpg

これは、しばしば自分がそうではないかと考えている事で、参考になればと思う訳ですが、
どういう「法則」か1言で言うと、「計算問題1問解くと、テストの点数が0.1点上がる」というものです。
ですからテスト前に30問解いた人は、そのテストは3点上がることになります。
「え~、たったそれだけ?」と思われるかもしれませんが、
100問解いたら10点アップ!‥
これは数学が不得意な人(自分もそうでした)にとっては、なかなか魅力的な数字ではないでしょうか。
もちろんこれは計算だけに当てはまる訳ではありません。

『応用1問×0.1』の法則
「どうして? 利用の問題の方が時間がかかるのに‥」 
確かにかなり効率が悪いように思えてしまいますが、この分野はなかなか点数が取りにくいことも事実(学生の時の自分もそうでしたが、文章問題なんかは、見るだけで拒否反応が出ます)。それで‥
1.他のみんなも苦労していて、やたらととっつきにくいこの分野で点数を上げるには、やはり1問づつ 取り組むしかない!ということと、
2.応用もやはり計算と似て「型」があるので、やれば必ず結果につながる。 そう‥
「30問やれば試験で3点アップ」につながるんだ!
という事をこの『法則』は教えてくれます。

では、この『法則』を自分なりに当てはめて実行してみて下さい。
「なるほど‥」と少しでも思っていただけたら嬉しいです。

エバーラスティング 文責 八田 知明

この記事へのコメント